あなたに知って欲しい
シコーの魅力や強み

シコーは創業まもなく70年、
感動の共有を理念にする会社です。

シコーはもともと「大阪紙工株式会社」として1950年に創業しました。産業用包装容器(クラフト重包装袋・ダンボール・プラスチックダンボール・PE重包装袋など)の安定供給を使命とし、まもなく創業70年を迎えます。
シコーは時代の変化とともにあり続ける会社です。私たちは包装容器事業を中心に位置付け、時代の速くて大きい変化に適応して今があります。そのような中で、シコー全体が一丸となることが大切だということを「感動の共有」という経営理念に込めました。社員1人ひとりの目的を持った行動から生まれる感動が、成長の原動力となり会社を発展させているのです。
これからもシコーは時代とともに歩み、必要な価値を提案していきます。

アジア最大規模の包装総合展である TOKYO PACK 2018 にて

お客様ニーズにフィットする
商品開発をしている会社です。

「お客様のニーズを引き出す」という言葉は良く聞くかもしれません。それは、ものづくりをする企業にとって、とても大事なことです。
シコーでは取引先様のもとへ、営業だけではなく開発や生産管理の担当者と一緒に訪問することが少なくありません。役割がそれぞれ違う社員たちが取引先様の生の声を聞き、「本当に必要としているものは何か?」をその場で引き出し、社員全員が同じ想いや目線で「どんな袋をつくろう?」を考えています。その方が求める以上のものを提案できると同時に、楽しく仕事ができるはずです。チーム一丸となったスタイルはシコーの最大の強みだと考えています。さまざまな業界の取引先様がシコーを選んでくれるのには、そのような理由があるのです。

それぞれの役割をまっとうし、
チームで仕事をする会社です。

シコー最大の強みはチームワークと言えます。取引先様が求める以上の価値を提案できるのは、1人ひとりが同じ目線に立ち、力を掛け合わせているからです。
シコーには、大きく分けて営業・製造・支援という役割があります。取引先様が求める価値を掘り起こして提案する営業、その価値をかたちにする製造、営業や製造をさまざまな面でバックアップする支援。それぞれの役割で活躍する社員1人ひとりが高い意識を持って、チームで仕事をすることで求める以上の価値を提案できたり、今までにないものを生み出したりできるのです。
社員個人が成長できる機会がたくさんあり、またチームの中でも高め合える社員がいるということ。シコーの開発力や提案力を支えているのは、人間力だと考えています。

SIKO: 営業部門 製造部門 支援部門

会社概要

名称
シコー株式会社
所在地
〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目1番3-1500号大阪駅前第3ビル15階
TEL(06)6345-8456(代)
設立
昭和25年11月2日
資本金
1億円
従業員数
194名

シコーコレクション

ENTRY